栃木 農村に建つ家 その後

 

2016年のはじめにお引き渡しをした、栃木の農村に建つ家。先日の栃木出張の際に立ち寄りました。雨風や紫外線に晒されて、徐々に自然な風合いになってきた外壁の表情。ご主人が休日に造園を楽しんでいて、庭の成長には立ち寄る度に関心させられてしまいます。

 

 

上手に敷かれた大谷石とその周りに茂るハーブ。太めの目地から伸びてくる芝のバランスがが絶妙。自然な感じにみせたければ、石敷きの目地はやはり土に限ります。こりらも全てDIYでセンスを感じます。

 

 

南面のテラスは広く平板が敷かれていました。その先の芝もしっかりと根付いて、子供たちとワンチャンが元気に遊びまわります。

 

 

もともとご実家の農地を転用した、広く自然に恵まれた立地でもありますが、板貼りの住宅はまわりの緑と混じり合うことで、その自然な表情が映えるのだということがよく分かります。

スポンサーサイト