「旬菜 ちば食堂」もうじき

 

看板や家具も入った「旬菜 ちば食堂」のご紹介。雰囲気はたっぷりですが、家族で営む大衆食堂として、たくさん東川の美味しいお米を食べて頂きたいというお店、皆さん気軽にご来店をということ。カフェ営業も楽しみです。

 

 

アイアンの照明にセンの板に彫り込んだ看板。

 

 

 

オニグルミの1枚のカウンター、料理が並ぶのが待ち遠しい。

 

 

 

黒い中国黒レンガを埋め込んだカウンター越しの壁

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自宅側はコンパクトな総2階建てのプランです。白い紙クロスの明るい空間が広がります。

 

 

住宅のキッチンスペース。グレータイル貼り。

 

 

2F、眺望の良いお母さんの部屋はチェリーの床。

 

 

階段には高窓から幻想的な光が降り注ぎます。。

 

 

 

「旬菜 ちば食堂」オープンは4月14日 になっています。

東川の新たな食べどころが加わり、東川のストリートからますます目が離せません。

東川「食堂を営む家」ようやく完成

 

ようやく完成を迎えた東川「食堂を営む家」。地元東川の美味しい食材を提供する食堂のデザインは、力強い北海道産広葉樹の梁やカウンター天板、天然の土壁風珪藻土に道南杉をメスカシで貼った斜め天井、入り口の床や壁のアクセントに黒煉瓦をあしらうなど、シンプルで明るい住宅側とは一味違った、雰囲気たっぷり、だけどどこか落ち着く空間にまとまりました。

お店のオープンは来月中頃の予定ですが、今週末のオープンハウスでは住宅と合わせてご覧いただけます。予約制となっておりますので東川ショールームまでお問い合わせください。東川「食堂を営む家」オープンハウス

 

 

 

 

 

 

 

愛媛の家 カーポート2台分に

 

完成後1年が過ぎた愛媛の家、1台分だったカーポートを敷地一杯まで拡大することになりました。これは完成時の様子。

http://kitanosumai.jugem.jp/?eid=504

 

 

奥しぼまりの台形型のカーポート。最大間口は5.5mを飛ばしますので、梁の背を抑えられる軽量鉄骨梁を採用、鉄骨は間違いのないように北海道の鉄工所にお願いし、木軸部分は愛媛の大工さんに県産の杉を刻んでもらい現場組み上げます。また、基礎は元々見切りに入っていた低いコンクリート塀をそのまま利用してしますので、大島石を敷き詰めた石畳がそのまま生きています。

 

 

無事に完成、その奥に続く庭も目線程の板塀で囲って、しっかりプライバシーも確保されました。

 

最後に、色々な雑木を植えて、緑生い茂る庭にしていきたいというのがご家族の夢。今年の春はたくさんの苗木を植えることになりそうです。

「東川の小さな食堂」建築中です。

 

ブログの更新が滞ってしまいご紹介が遅れてしまいましたが、東川町のど真ん中で、住宅と食堂部分の平屋部分がくっついたかたちの店舗併用住宅を建築中です。お店が完成するのは春頃、若い方々のエネルギーが流入し、ますます活性化していく東川のストリートから目が離せませんね。

 

 

現在は断熱工事の最中。現場の中が暖かくなるまでに、もうしばらくかかります。

 

 

少しだけ、完成イメージも紹介します。

お店の中はなるべく本物の風合いを残した土壁や荒木の杉や広葉樹、耳付きの無垢の板、そして迫力満点の黒煉瓦をアクセントに敷き詰めて仕上げていきたいと考えています。完成をお楽しみに。