美瑛 「木立の中の家」 完成

 

 

春、雪解けとともに始まった工事が、7月に完成を迎えました。コンパクトな平屋の家は、すっかり白樺の木々に覆われていました。ここには、施主ご夫婦の仲のように、長い歳月を重ねて育くまれた木立があります。曲がった木や倒れそうな木などは切り、枝を選定しすっきりした木立の間には、いつも気持ちの良い風が吹いています。

 

 

 

この場所から眺めることのできる十勝連峰と美瑛らしい丘の風景を気に入って始まった家づくり。リビングやキッチンのどこにいても丘が見えるようにと、大きな窓が設けられました。季節によって彩りが変化していく丘の景色を存分に楽しむことが出来そうです。床は道産のニレ材で作った無垢のフローリング。

 

 

 

家具はすべて道産のイタヤカエデを使った北の住まい設計社の家具です。寝室へ向かう視線の先には、床まで届く窓から奥の森と白樺の木立があります。壁には珪藻土を塗って仕上げてありますので、吸湿性が高いおかげか良く眠れるようです。セミダブルのベッド(somnus)を2台置いてもゆとりのある寝室。もしかすると森の中で眠るような感覚になるかもしれません。

 

 

 

ご夫婦二人分のウォークインクローゼットと、横にある小さな造り付けのデスク
クローゼットの棚板は道産のブナ材、デスクは道産のナラ材です。
 

 

 

キッチンはワークトップをコーリアン、引出をカバ材、床をライムストーンと、全体に明るい色で仕上げています。
 


浴室はTOTOのハーフユニットバスを設置。バスタブより上にある壁と天井は自由に選択でき、壁はイタリアのタイル、天井は無垢のヒバ材で仕上げています。

 

 

 

洗面台や収納、トイレの手洗いはいずれも北の住まい設計社のオリジナルです。ほとんどの造作家具にイタヤカエデをセレクトされているせいか、どの部屋も明るい雰囲気です。

 


玄関はコンパクトながら、飾り棚を設けることでゆとりが感じられます。

 

 

カーポートと物置

 

カーポート事例のご紹介。カーポートの隣に2坪の物置と駐輪スペースを後から増築した例。一体の建物となる様に繋いでいます。道路からの目隠しと適度な木陰も兼ねています。

 

 

前面道路は大谷石敷き。駐輪スペースまでの煉瓦敷きはご主人がDIYで、もう少しで完成です。

 

 

裏側の庇を伸ばして、薪置きの屋根を兼ねました。

 

 

住宅の雰囲気に良く似合う木製カーポート。

 

 

こちらは東川ちば食堂のカーポートと物置。物置は側面から除雪車の出し入れを出来る様、スライドのドア付です。あると何かと便利なカーポートと物置、住宅の完成後にご相談を頂くことも多いです。

歴史の痕跡

 

早朝、事務所のキッチンへ、

もともと教員住宅だった建物に手を加え、創業の頃は代表渡辺が暮らした住居、その後社員にまかない飯を振る舞う食堂、そして現在カフェのスイーツを製造する厨房に使われているキッチン。隅に何気なく置かれたパインの食器収納に朝日が差し込んだとき、飴色に焼け浮き出る木目と無数の傷跡の中に、創業40年を迎える北の住まい設計社の歴史が滲み出ている様でした。

富良野「森と共存する家」完成

 

 

杉板貼りの外壁が木漏れ日に揺らめきながら輝く富良野「森と共存する家」その佇まいは森に溶け込んで見えます。この後は2台分のカーポート兼物置、森に開いたテラスと小道など、、、外周りの工事はこれからですが、ひとまず完成した室内の様子をご紹介したいと思います。

 

 

午前中、森からの光差し込むリビングダイニング。ナラの床材と珪藻土の壁、中央にはレンガ積みのファイヤースペースが配置されています。家具はすべて北の住まい設計社。

 

 

森を切り取る木製サッシ、どこまでも奥行きのあるアートの様な「森」。。。

 

 

薪ストーブ背面は様々な焼きムラのレンガを組み合わせて。土間は札幌軟石で縁取りその中はモルタルの金鏝仕上げ。手前はオニグルミの大黒柱、2Fの荷重をしっかり支える。

 

 

清楚な印象のDining Table Shakerをセレクト。奥に置かれたのはH1200で飾り棚としても使えるn'frameの食器棚。

 

 

照明器具はご夫婦が大好きなルイスポールセン社のものを随所にセレクト。ダイニングのペンダントはTolbod 220。

 


道産ナラ材のキッチンとライムストーンの床。

 

 

鬱蒼とした森の中、早めの日暮れと共に照明器具の作り出す明かりを楽しみます。

 

 

ピンコロ石敷のエントランス。ピクチャーライトはVL38 ウォール。

 

 

ベッドルーム。マットタイプのベッドに合わせてヘッドボードもナラ材で制作。ベッドメイクをすると、ベッドと一体化してホテルの様な雰囲気に。

 

 

枕元にはNJPウォールをそろぞれ、手元で操作出来るので使い勝手が良さそうです。

 

 

水周りの床もライムストーンで統一。トイレの手洗いはブラシなどを仕舞えるナラ無垢材の特注品。ステンレスのトップがモダンな雰囲気。ブラケットライトはAJエクリプタ。

 

 

ラバトリーは収納ボックスを壁に埋め込み、連続するデザインで鏡、そして照明を組み込みました。

 

 

調湿効果を期待できるテラコッタ貼りの脱衣室と洗濯機スペース。

 

 

浴室にも森に開けた1メートル角の大きな窓が開いています。壁は白い150角タイルとモザイクタイルのボーダーパターンを組み合わせたクラシックな仕様で、

 

 

階段ホールを見上げると大小ふたつのMOSERペンダントライト。

 

 

2Fはたくさんの本が仕舞える書庫、そして書斎と予備室がひとつ。

 

 

書斎の壁内々に制作したW3500、チェリー材の特注デスク。デスク中央には森に向かって窓が開いています。

 

 

階段を登りきったホールはちょっとした広さがあり、本を取って読書するためのイージーチェアや寝椅子を置いても良さそうです。

 

全体に大人っぽく、シックにまとめたインテリアに、北欧の照明器具が良いエッセンスを与えてくれました。家で過ごす多くの時間は明かりと共にあります。様々なデザインで明かりを楽しませてくれるデンマークのルイスポールセン、レクリント、そしてスウェーデンのZLAMPの照明器具、東川ショールームでも取り扱いしています。灯具でインテリアの雰囲気を変えてみたいなど、お気軽にご相談ください。